(Tokyo-15/Bon Chemin-Au Bon Vieux Temp)日本美味しいもの巡り Japa delicious food tour

今日は五本木の「ボン・シュマン(Bon Chemin)」と尾山台の「オーボンビュータン(Au Bon Vieux Temp)」の組み合わせ。どちらも店名のフランス語名に店主の思いが感じられる。レストランは店舗営業の再開に合わせてテイクアウトを中止又は縮小する傾向にあるが、テイクアウトは今後もぜひ続けて欲しい。

Today, enjoy takeouts from both "Bon Chemin" in Gohongi and "Au Bon Vieux Temp" in Oyamadai.  For both shops, the owner's thoughts are felt in their French store names.  Restaurants tend to stop or reduce takeout menus in line with the reopening of store operations, but would like to see them continue in the future.

f:id:winelovers2050:20200614174431j:image

ボン・シュマンからは「鴨のコンフィ」と、お店の方と相談し「仔羊のスパイス煮込み」をテイクアウトすることに。仔羊...はテイクアウトメニューには載っていない。

From Bon Chemin took out "Duck confit" as well taking out  "Stewed Lamb with spices" by consultation with the chef.  Stewed Lamb... is not on the takeout menu.

f:id:winelovers2050:20200614195615j:image

オーボンビュータンはガトー(gateau)が有名だが、肉を加工したお惣菜、シャルキュトリー(charcuterie)もとても美味しい。最近接客サービスが格段に良くなった。今日もパテなどを数種購入。

Au Bon Vieux Temp is famous for its gateau, but the meat prepared side dish, charcuterie are also very delicious.  Recently their customer service has improved dramatically.   Bought some pates and rillettes.

f:id:winelovers2050:20200614174453j:image
ワインは、先日のカリフォルニア・ワインBVのカベルニソーヴィニヨンの続きと、セイコーマートから取り寄せたプロセコ。1日とちょっと経ったカベルネは、丸味を帯び豊潤さが増している。

The wines are Prosecco ordered from SeikoMart and the BV Cabernet Sauvignon of the other day.   A little over a day after opening, the Cabernet wine became mild and rich.

f:id:winelovers2050:20200614193322j:image

このところアルコールの体への負担を考慮し、ワインを飲みきれない場合や数種楽しみたい時に開栓したボトルに不活性ガスを注入・保存している。以前はバキュバン(左)を使っていたが、不活性ガス(右)の方が美味しく保存できるみたい。手軽なバキュバンの方は旅行用に常備。

Considering the burden of alcohol for the body, recently use inert gas for injecting into and storing the opened bottles when cannot drink up wines or when enjoy several kinds of wines.  Used to use VacuVin (left), but inert gas (right) seems better keep the quality of wines.  A handy VacuVin is still useful when traveling.

f:id:winelovers2050:20200614180711j:image

ベジタブル・ファースト。自家製のキャロット・ラペ(左)、ルッコラとトマトのサラダ(右)。 ルッコラは鎌倉産。

Vegetable first. Homemade carrot rappe (left), arugula and tomato salad (right).  Arugula is from Kamakura firms.

f:id:winelovers2050:20200614193527j:image

続いてオーボンビュータンのカイエット(左)とテリーヌ・ド・ヴォライユ(右)。ヴォライユは鶏、カイエットは南仏のハンバーグ的料理で、どちらも大好物。

Next, Cayette (left) and Terrine de Voraille (right) from Au Bon Vieux Temp.  Voraille is duck and cayette is a French hamburger dish, both are favorites.

f:id:winelovers2050:20200614193632j:image

さて、メイン1はボン・シュマンの鴨コンフィ。食する前にフライパンで10分程度焼き目を付ける、出てくる油でじゃがいもなどを炒めて付き合わせにする、とのシェフの指示を忠実に守る。

Main dish 1 is Bon Chemin's duck confit.  Following the chef's instructions, sautéed it on the pan for about 10 minutes before serving and stir fried the potatoes with the duck oil.
f:id:winelovers2050:20200614193849j:image

メイン2は、仔羊のスパイス煮込み、クスクス添え。鎌倉産のほうれん草のバター炒めを追加。モロッコの香りが充満。シェ・ジャニーが作ってくれた美味しいハリッサを思い出し、欲しくなった。

Main dish 2 is stewed lamb with spices with couscous.  Also add stir fried Kamakura spinach with butter. Full of Moroccan scents, and want to have it with Harissa provided at Chez Johnny on the other day.
f:id:winelovers2050:20200614193907j:image

オーボンビュータンのシャルキュトリーは、以前からお肉屋さんで買うかの如くよく利用している。今回、食卓に新たにボン・シュマンの素晴らしいディッシュが加わりそう。

Bought Au Bon Vieux Temp's charcuterie frequently just as purchasing at bouchers, and this time, dishes from Bon Chemin may also join to the dining table.

 

👉このブログ一覧や最新のメモはこちら。

     Click here for this blog list and the latest notes.

     https://winelovers2050.hatenablog.com/