(Tokyo-11/Qui rit guerit-Chez Johnny)日本美味しいもの巡り Japan delicious food and wine tour

今日は祐天寺の「キリゲリ」から、シャルキュトリーをテイクアウト。レストラン営業を再開させたが、6月中はテイクアウト営業も並行して継続するとのこと。家のベランダでゆっくり食事を楽しみたいのでとても喜ばしい。

Today, took out from French restaurant, Qui rit guerit, in Yutenji.  The restaurant restarted hall services but continues the take out services as well.  Very fortunate as can keep enjoying foods in relaxed manner at home's balcony.

f:id:winelovers2050:20200602191952j:image

合わせるのは、どちらも成城石井で購入したフランス三大ロゼ産地であるロワール・アンジュー地方のロゼ・ダンジュと、ブルゴーニュピノ・ノワール、クロワ・サンジャック。このピノはシャンベルタン・クロ・サン・ジャックに似ているが別物で、世界100カ所以上のワイナリーで醸造相談を請け負う、最も著名なワイン醸造コンサルタント、ミシェル・ローランが再建した銘醸地のワインらしい。

Fir pairing with today's dishes, two wines were purchased from Seijo Ishii Supermarket.  Rosé d'Anjou from Loire Anjou, one of France's three major rose producing regions, and Pinot Noir Croix Saint-Jacques from Burgundy.  The latter is similar but different from Chambertin-Clos Saint-Jacque, and it's winery was restructured by a brewing consultant, Michel Rolland.  He seems advising 100+ wineries in the world. 

f:id:winelovers2050:20200602191640j:image

鶏のレバームースと豚肉のリエットは、同じくキリゲリのシャルキュトリーのセットから。野苺、さくらんぼのニュアンスのブルゴーニュピノにぴったり合う。

The chicken liver mousse and pork rillette are also from the Qui rit guerit's charcuterie set.  They go well with burgundy Pinot with nuances of wild strawberries and cherries.
f:id:winelovers2050:20200602191701j:image

パテドカンパーニュとサラミは、もちろんディジョンマスタードを添えて。

Pate de campagne and salami, of course with Dijon mustard.

f:id:winelovers2050:20200602191606j:image

メインは、前々回に盛岡のフレンチレストラン「シェ・ジャニー」から取寄せた「牛ハチノス(トリッパ)のトマト煮、エストラゴン風味」。まさにフランス家庭料理の極み、世の中で最も好きな料理。

The main dish is "Beef honeycomb tripe (trippa) tomato stew, estragon flavor", ordered from the French restaurant "Chez Johnny" in Morioka previously (the first time order).  It is the ultimate French home cooking and the most favorite dish in the world.

f:id:winelovers2050:20200607180314j:image
f:id:winelovers2050:20200602191620j:image

同じ時にシェ・ジャニーから取り寄せた「モモ」。検索すると、モモはチベット文化圏の小籠包で、ネパール料理として知られているらしい。同梱されたチリソースで頂き、行った事のないネパールに行ったつもりになってしまう。改めてシェ・ジャニー春田シェフの引き出しの多さ、深さに敬服。

At the same time, orders  "Momo" from Chez Johnny.  Googled that Momo is originally a small dumpling in Tibetan culture and now is known as Nepalese food.  With the chili sauce included in the package, feel like going to Nepal, which never been.  Realize and admire the width and depth of Chef Johnny's skills and knowledges of worldwide cooking.

f:id:winelovers2050:20200607180552j:image

最後にル ・コントワール・オキシタン風に自作したポテトグラタン。数日前にに作って置いておいた分、チーズ(コンテなど)の香りがポテトにしっかりと移りとても美味しい。

Lastly, homemade potato gratin in the style of Le Comptoir Occitan.  As it was prepared and kept a few days ago, the scent of cheese (comte etc.) is firmly transferred to the potatoes and it is very delicious.

f:id:winelovers2050:20200605233125j:image

ベストオブザベストの料理であり、とても美味しいフレンチディナーを愉しんだ。

Enjoyed the best of the best French dinner.

 

👉このブログ一覧や最新のメモはこちら。

     Click here for this blog list and the latest notes.

     https://winelovers2050.hatenablog.com/